これがウワサの池田さん

世界一わかりやすく解説

JKとおっさんの入れ替わり!『ザ・スイッチ』の見どころ・感想

 

女装した男性


今回ご紹介する映画は

『ゲット・アウト』『透明人間』などのジェイソンが製作し、『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督が手掛けた

『ザ・スイッチ』

2021年4月9日(金)全国公開

 

 

 

予告編

youtu.be

 

作品について(上映時間・年齢制限)

2020年製作/102分/R15+/アメリカ

 

『ゲット・アウト』『透明人間』などのジェイソンが製作し、『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督が手掛けたおもしろホラー『ザ・スイッチ』。「史上最悪の入れ替わり」がキャッチフレーズの入れ替わり映画!

この映画は当初、2021年1月15日(金)に公開を予定されていましたが、新型コロナウイルスの感染状況や緊急事態宣言の影響で公開が延期されました。

 

 

登場人物・キャスト・スタッフ

ブッチャー:ビンス・ボーン,ミリー:キャスリン・ニュートン,アラン・ラックアラン・ラックケイティ・フィナーランケイティ・フィナーラン,セレステ・オコナーセレステ・オコナー

監督:クリストファー・ランドン,製作:ジェイソン,製作総指揮:クーパー・サミュエルソン ジャネット・ボルトゥルノ,脚本:マイケル・ケネディ クリストファー・ランドン,撮影:ローリー・ローズ,衣装:ホイットニー・アン・アダムス編集:ベン・ボーデュアン,音楽:ベアー・マクレアリー

 

製作のジェイソンですが、サスペンス,ホラー作やヒット作を数多手がけており その中でもおすすめな映画が、『スプリット』です。なんと主人公は23人格の男なんですよ(笑)キャッチコピーにつられて観てみたのですが面白い映画でしたよ!

eigaclub.hatenablog.com

 

見どころ

入れ替わった後にとる行動で楽しませてくれる

入れ替わった後にとる行動(男女の身体の違いによる展開)はあえて鈍感に描かれており、そんな二人にどこかかわいさを感じました(笑)

性別,容姿の違いをこのように描かれている映画には今の時代ならではの面白さがあります!

 

中身がサツ人鬼のいじめらっれこ主人公とクラスメイトが対面する時のワクワク感がほんとたまらないです(*'▽')

 

サツ人が爽快!斬新!

サツ人シーンが鮮明に描かれているのでかなりグロテスクなのですが、POPかつ爽快に描写されています。

他にも、サツ人の方法が斬新でこれまでのホラー映画にはないようなサツ人シーンを目の当たりにできます(^_^)

 

 

感想

主人公が体を取り返すまでの展開、心の変化が生き生きとしていておもしろい。

主人公の成長していく様をみることで世界にひきこまれる。感動的な要素も!

場面ごとに工夫がされていて設定だけの映画ではなかった→「サツ人鬼と女子高生が入れ替わる」という設定以外の大きなネタが特になくても満足できる作品。

そして何よりグロい 

面白要素は多いけれどただのコメディー映画ではない!

 

グロさとの中和が丁度いい!

交互に別ジャンルの映画を見ているような感覚でした。

サツ人鬼ものと学園コメディーとの両立ができていて場面によって違うおもしろさがありました。様々なジャンルが組み合わさっている映画。これがこの映画の面白いところだと思います 

 

最後に

公開延期になってしまい、楽しみにしていた分かなり期待値が上がっていました。ですがしっかりと内容で楽しませてくれるような映画だったのでおすすめです!

 

 

点数 

 

★★★★★★★★☆☆

(星8/10)

 

 

 

 

 

 

https://ikedacinema.com/privacy-policy